╭(・ㅂ・)و hilog

ダラダラと。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

第1回 Docker社公認トレーニングコース を受けてきた

クリエーションライン株式会社 が主催したDocker社公認トレーニングコースを受講してきました。講習内容は以下の内容でした。

コンテンツ

Day 1

  1. コンテナ入門(Introduction to containers)
  2. Dockerの概念と用語(Docker concepts and terms)
  3. Dockerのインストール(Installing Docker)
  4. イメージ入門(Introduction to images)
  5. コンテナの実行と管理
  6. イメージの構築(Building images)
  7. イメージの管理と配布
  8. コンテナのボリューム(Container volumes)
  9. コンテナのネットワーク(Container networking)
  10. 継続的インテグレーションにおけるDocker(Docker in continuous integration)

Day 2

  1. Dockerデーモンの制御(Controlling the Docker daemon
  2. セキュリティとTLS(Security and TLS
  3. 自分用レジストリのセットアップ(Setting up your own Registry)
  4. Dockerトラステッド・レジストリ(Docker Trusted Registry)
  5. Dockerマシン(Docker Machine)
  6. Dockerスウォーム(Docker Swarm)
  7. マイクロサービス・アプリケーションの構築(Building micro service applications)
  8. Dockerコンポーズ(Docker Compose)

受講の感想

内容は、docker が出てくるまでの歴史の勉強、docker の説明、実際にdocker コマンドを触ってみるハンズオン、個人用レジストリの構築、docker のためのセキュリティ(さらっと)、docker Machine、docker Swarm、docker Compose の実践と大量の内容を6時間×2日で教えてもらい自分でも作業するハードな内容でした。

トレーニング環境が与えられ、ハンズオンで試せると言っても、なぜ動いているのか、設定はこれであっているのかを考えるには短い時間でした。

社内でハンズオン形式の勉強会を実施したいと思っているので、資料を作成次第投稿をしていきたいと思う。

紹介

第2回 Docker社公認トレーニングコースが10月7日(水),8日(木)に開催される予定だそうです。(日にちは変更になることがあるそうです。) もし興味のある人は参加を考えてみたら良いと思います。

宣伝

Dockerfile に似た内容があるから気になったのを自分なりにまとめているので読んでいただけると嬉しいです。 ※ 間違っている箇所の指摘などがあればいただけると大変嬉しいです。

COPY vs ADD CMD vs ENTRYPOINT

戯言

Docker は構築の際や運用の際にストレージやネットワークのことも考えるのでインフラレイヤーのことも勉強しないとな、したいなと思います。