@hihihiroroのLog

ダラダラと。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

#RSGT2021 でスタッフしてきた

f:id:hihihiroro:20210117012131j:plain
4年分のスタッフTシャツ

Regional Scrum Gathering Tokyo 2021のボランティアスタッフ*1をしてきた。

今年はコロナの影響があり、さすがに全員が会場に集まることはできないだろうと思っていたのでどうなるのかなと思っていた。

結果は、オフラインとオンラインのハイブリット開催になった。オンラインの人はDiscord でやり取りの場があり、Zoomを使って発表を配信。オフラインの人は会場で発表を見ることもできるし、マイクで喋ることでオンラインの人との会話もできるというものになった。
毎年会場のそこかしこで、人が勝手に集まっているのが印象的だったのが今年はどうなるのかと思っていたのだが例年のようにDiscorde上でみんながわいわいしていた。イベントが終わってからDiscordeで夜中まで話し合っているのが連日続いているのを見て、みんな話し合いたいんだなと思った。

雑な振り返り

自分としては毎年にぎやかしとして頑張ろうと思ってスタッフをしている。ただ今年は会場まで来た人が146名と少なかったのと、近づいてわいわいするのはやりづらいこともありあまりお仕事ができなかったなと心残りがある。
今年は主に行った仕事は3つ

  1. 入場者の熱を測る
  2. 部屋づきとして発表の司会をする
  3. 余った弁当を持って返ってもらうよう呼びかける

配信周りは練度の高い配信班の方々がやってくれたのでなにもお手伝いすることもなかったし、会場の方がとても気をかけてくれていたのでだいぶ楽をしたスタッフ業だった。
反省点としては暇な時間があったんだからもっとDiscordに入っていれば良かったなと思った。スタッフの人達があまりDiscord上では発言などしてなかったなーと思ったのでもっと参加すればよかったなと思った。

来年はどうなってるんだろう

RSGT のスタッフ業はお客さんよりもスタッフが楽しんで来年もスタッフやりたいと思えるように働くというのが合言葉になっているのでとても働きやすいと思う。
来年はどういった開催になるかわからないけど、無理をしない範囲でやるはずだと信じているのでやってみたいと思った人は是非申し込めば良いと思う*2

今年はTシャツにコーヒーをこぼしてしみになってしまったのが悲しい。

*1:もう4年もやっているらしい

*2:自分は毎年ぎりぎりまでどうしようか悩んでいるが