@hihihiroroのLog

ダラダラと。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

「[実践]データ活用システム開発ガイド」を読んだ

同僚の方々が書いているとのことで気になったので読んでみた。

目次は以下。

  1. コンセプトサマリー
  2. データの収集と蓄積
  3. Web API 基盤
  4. 施策の実施と効果検証
  5. データパイプライン・ワークフローエンジン
  6. データレイクとデータウェアハウス
  7. API 基盤の発展

データの連携に関しては仕事として行っているので知っていることが多かった。
構造化データや非構造化データ、トランザクションデータやマスタデータなどのデータの種類によってのデータ収集の説明などがあってわかりやすかったが実際にやってみるとそのまま上手くできることって少ないんだよなというのが自分の印象。
ただハンズオンがついているので実際にデータを取って入れてを体験できるのは面白かった。

データを使って施策を行う活用例としてAPI の作成を行い提供を行うことが紹介されている。データを貯めることは行っているが実際に役立てるところはあまり関わっていないのでAPI として上手くデータを使っている例が読めて面白かった。
また、施策を行うための計画から効果検証までについて詳しく説明されていて勉強になった。施策を行うのは簡単なのかもしれないが、それが上手くいったのかの確認や止めるタイミングを先に考えておくのは大事だなと思った。事業について考えるのと一緒なんだろうな。

データレイクやデータウェアハウスは規模やタイミングによって色々あると思うのでこれは一例だと思って読むのが良いのかなと思った。データを一箇所に集めることなく散らばっているまま上手く使えることが求められていると最近は思うことが多い。次回作ではぜひとも散らばっているデータでも上手く活用できるようにデータの見つけ方や、メタデータなどについても詳しく書かれていると嬉しいなと思った。

まとめ

  • データを取得、施策利用までの流れがまとまっていて読みやすかった
  • 色々詰め込むために薄くなっているところもあると思うのでそれは他の本で補いたい
  • 仕事も忙しい中角の大変だったろうな。おつかれさまでした