@hihihiroroのLog

ダラダラと。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

「運用設計の教科書」を読んだ

運用について教えてもらったり、勉強をしたりすることが今まであまりなかった。経験則でこういったことを考えたほうが良いとか、ここが危なそうなどの勘をきかせていることが多かった気がする。しかし、サービスが開発終わってからやっていることは運用と考えると開発期間よりも長く行うことなので学んでみようと思った。また、以下の文言に同意したことも読もうと思った理由になる。

IT業界で運用の仕事はあまり良いイメージがありません。決まった時間に手順に従って単純な作業をするだけ。関係者感の調整をしているだけ。そのせいで技術もスキルもあまりつかない・・・・・・。社会への貢献に反して、運用に対するマイナスイメージがつきまといます。本当はもっと価値のあることをしているのに。
- 運用設計の教科書 ~現場で困らないITサービスマネジメントの実践ノウハウ P.1

目次は以下。

1章 運用設計とは
2章 フェーズから考える運用設計
3章 運用業務のケーススタディ
4章 基盤運用のケーススタディ
5章 運用管理のケーススタディ

本書では運用をシステムを安定稼働させて効率的にサービスを提供することを目標としている。そして、運用設計はサービスの重要度に合わせて運用を最適化することと定義している。
ここで大事なのは

  • これをしないといけないというものは決まっていないこと
  • サービスによってやるべきレベルが変わること

上記なのかなと思っている。1年に1回しか必要ないシステムに対して、24時間365日止まったら困るシステムに対してはそれぞれ別の運用設計が必要になるのだろう。なので何かを真似すれば良いと考えるのではなく、それぞれに対しての正解を探し続けることが大事なのだろうと思う。

本書では運用を3つに分類している。

1. 業務運用 システムの業務に関する運用を指す。特に自動化することができなかった、人間がやるべき業務を指す。
2. 基盤運用 システムを維持するための基盤メンテナンスを指す。例えば、OSの定期アップデート、システム監視、不具合対応等。
3. 運用管理
運用に関わる人が守るべきルールと基準を決めること。システムによってルールが違うと利用者の利便性が下がる、運用者の負荷が上がる問題があるためできるだけルールを揃えることが大事。

また、運用設計をすることでの効果が5つ紹介されている。

1. 運用範囲の決定・・・どこまでが自分たちの運用範囲なのかわかる
2. サービスレベルの安定・・・システム停止時間を最小にできる
3. 属人化排除・・・スキルに大きく左右されない
4. サービス品質の安定・・・誰が作業を実施しても同じ結果が得られる
5. ドキュメントの可視化・・・修正対象のドキュメントが明確である

これを読んで自分のチームでは運用の分類をしっかりしていないなと思った。運用と一言でまとめて言っていて、それぞれに対しての自動化する範囲、ドキュメントをどこまで書くかなどをちゃんと決めてないなと反省した。
自動化しろ、ドキュメント書けとは言っているが年1回しかやらないような作業を1ヶ月かけて自動化するなどは無駄なのだろう。それぞれの作業についてやるべきことを決めるのは普段からやっている。
それではなく、やらなくてよいことを決めることが大事だろうなと思った。作業に見合うものなのかを考えながら作業していきたいなと思った。

また本書の中では開発フェーズによって作っておくべきドキュメントの話がされているのが面白かった。開発が終わってから、あとこれを運用しといてねだと運用者に対する負担も大きいと思うし、そもそも運用できるかこんなものというアプリケーション、ツールが出来上がることもあるだろう。
その点、僕が働いているチームでは設計の時点から運用者を巻き込んで運用ができるか、なにができていると運用が楽になるかを一緒に考えてくれている。これは今後もうまくやっていきたいなと思う。

あとがきにあったが、運用には正解がないのだろうなと思う。時代や環境によってやるべきことは変わるだろうし、運用者のスキルによってできるできないもあるだろう。それぞれの運用しているチームで何が良いのかをずっと考えていくしか無いなと思った。ただ、運用ってなんだろう?運用するときに考えなければいけないことはなんだろう?ということを体系的に読めたので良かった。

また、サービス開始後の運用は運用改善としての扱いがあるみたいなので著者の別書になる「運用改善の教科書」を読もうと思う。

まとめ

  • 自分の仕事の運用を分類分けしてみようと思った
  • 今できていることは継続していきたいと思った
  • 無駄にやりすぎてしまっていることを止めて他にやるべきことをやっていきたいなと思った

システム障害対応の教科書

システム障害対応の教科書

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

入門 監視 ―モダンなモニタリングのためのデザインパターン

  • 作者:Mike Julian
  • 発売日: 2019/01/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「ユニコーン企業のひみつ」を読んだ

気になっていた本を誕生日祝で頂いたので読んだ。
著者は「アジャイルサムライ」「初めての自動化テスト」のジョナサンさん。

ユニコーン企業

評価額10億ドル規模の企業ながら、スタートアップみたいに運営されている企業
例) Google, Amazon, Facebook, Spotify など

章立ては以下。

1章 スタートアップはどこが違うのか
2章 ミッションで目的を与える
3章 スクワッドに権限を与える
4章 トライブでスケールさせる
5章 ベットで方向を揃える
6章 テック企業で働くということ
7章 生産性向上に投資する
8章 データから学ぶ
9章 文化によって強くなる
10章 レベルを上げる:ゆきてかえりし物語

率直な感想はとても読みやすかった。イラストが多用されているし、文章もスラスラと読みすすめることができたので気がついたら読み終わっていた。
内容としてはSpotify での組織、チーム作りや仕事の進め方について具体的に著者が経験してきたことが書かれている。どこの会社でもやっていることではなくSpotify が今まで実践してきたことが書かれているのだと思った。本書を読んで真似すればどこでもうまくいくというものではないと思う。

訳者あとがきにあったが、本書の内容は執筆していた時期のSpotify のスナップショットであるらしい。本書で紹介されている組織だったらやることを次々変えているだろうから今も同じであることはなさそうだなと思った。Spotify がマネジメントする時や組織を作るときにこう考えているということがわかる気がする本だった。
スクワッド、トライブ、ギルド、チャプター、リリーストレインなど*1取り入れてみたい紹介が沢山されている。しかしこれらは上記のようにSpotify がその時必要だと思って考えて作ったものだと思うので、ただ真似すればよいわけではないのだろう。

読んでいてこのようなチームを作るのには以下が最低限必要だなと思った。

  1. 学習を続ける人を集める
  2. チームに対して権限を与える
  3. チームを信頼する

これらが満たされていれば、ミッションを与えられればそれを達成するための活動を行うだろうし、やりたいことを探してきて自発的に行動をすることも可能だろう。プロジェクトで仕事をしないっていうのもそう考えると自分は納得ができた。わざわざこの期間でこれをやれと指示する必要がないのだろう。

それ以外に自分が気になったのは生産性向上に投資するというところになる。
これらが大事なことだと分かっているのにできていないところが多いという話にすごく親近感を感じた。ビルドの自動化、トレーニングセッションの開催や基盤準備、監視ツールの作成などいつか必要だと思うものやそれがあれば良いのになというものにも積極的に時間をかけているのがとても羨ましいなと思った。

ちょっと話が変わるが最近思っていることに、アプリケーションの開発ではなく、インフラ開発、運用作業などは評価がされづらいと感じている。動いていると当たり前と扱われ、なにかエラーがでた時には反応をされる。あって当たり前だと思われているものはアプリケーションの開発と違くて、わかりやすい評価がされにくいなと思う。それでも、アプリケーションを動かすためにはインフラが必要だし、社内提供しているサービスなどは開発は止まって提供する運用だけずっと続いていることがある。それらが止まらないよう作り直したり、アップデートしたり、エラーになりそうな箇所を修正したりということを行っている。しかし、目に見える動きとしては変わっていないため評価はされづらいなよと思っている*2
ただ、本書では生産性向上についても取り組みをいろいろされているようなのでとてもおもしろく読んだ。この辺りの評価周りなどについてはもう少し詳しく知りたいなと思った。

まとめ

  • 自分たちができていることできてないことを見比べるのが楽しそうななと思った
  • 自分たちのいる意味、何を達成すべきなのかを考えてみようと思った
  • 最後はただの僕の愚痴になったw

初めての自動テスト ―Webシステムのための自動テスト基礎

初めての自動テスト ―Webシステムのための自動テスト基礎

  • 作者:Jonathan Rasmusson
  • 発売日: 2017/09/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

*1:それぞれの言葉の意味はとてもわかりやすく紹介されている。

*2:思っていること悩んでいることが多いので、この辺同じ意見の人と話し合いたい

「NVC 人と人との関係にいのちを吹き込む法」を読んだ

NVCとは、非暴力コミュニケーション(Non Violent Communication) という、人を思いやる気持ちを引き出せるようなコミュニケーションの方法の考案でである。

NVC のプロセス

  1. 観察。相手の行動について評価を交えることなく観察する。
  2. 感情。相手の行動を観察したときの自分の感情に注目する。
  3. 自分の感情の根底の見極め。自分が何を必要としているから自分のその感情が引き起こされているのか自覚する。
  4. 要求。自分の人生を豊かにするために要求する。

自分も他人も傷つけてしまうコミュニケーションとして、道徳を持ち出す、比較をする、責任回避をするなどの実例が紹介されていた。
これらのことがあると先入観や思い込みが先立ってしまい対立した意思疎通が起きてしまう。それを避けるため、一切の評価を抜いた事実だけの観察を述べ、その観察に対する自分の感情とニーズを述べて、自分の要求を伝えることが大切だと説明されている。
こうすることで、NVCでは相手に抵抗感を抱かせたり自分の感情を犠牲にすることなく、人を思いやるコミュニケーションができると説明されている。

この本を読んで思い出したのは、人に理解をされていないなと思うときは自分の考え、特に感情を共感されていないときだなと思った。
人に話をするときには自分の考えを極力含めず、事実を話すようにしようと心がけていたがそれだけでは駄目だということを思った。話し合いをするときや意見交換のときに事実だけ言っても意味がないが知識から話をしてしまうことが多かった。
話をする場所や関係によって変わるのだろう。

自分の考えや感情がうまく表現できない。どう思っているかを答えることなどが苦手である。そのため自分が何をしたいのか、したいと思ったことをうまく伝えることができないことを多々感じる。本書を参考に人との関係性だけではなく、自分自身のことをよく理解するためにもNVC をしっかり噛み締めてみようと思う。

まとめ

  • NVC のプロセスを実践してみようと思う
  • まずは他人にではなく自分の考えに対してやってみる
  • 自分みたいに悩んでいる人がいたら本書を推薦してみたいと思った

202104 振り返り

30代最後の年になった。
今年も皆さんから沢山のプレゼントを頂きとてもありがたい。(特にビール
今年もこれといった目標は無いのですが、元気に過ごすこととお金をもう少し稼ぎたいなと思っています。
元気になったのでまたオンラインの集まりに顔を出し始めようと思っているので見かけた人は話してくれると嬉しいな。

欲しい物リストを貼っておこう

べんきょうかい

やる気も戻ってきたので勉強会に参加をすることができた。
DWH については知識もついてきたので勉強会での話も理解できるようになってきた。
スクラムなどに関してはあいも変わらず勉強中になる。

ほん

毎日写経をすることで本を消費することに成功した。
今月は誕生日でいただいた本と気になって買った小説を積極的に読むことに成功した。
漫画は毎月通り。

えいが

コロナがまた猛威をふるっているが、朝一や夜中の混んでない時間を選んで見に行くことで映画は観続けている。
エヴァンゲリオンは中学生の頃から観ていたアニメになるので感慨深いものがある。
舞台挨拶が同時中継されるのでつい何回も観に行ってしまっている。

ぶろぐ

Twitter で署名を見て気になった本といただいた本を読んでの感想を書いてみた。
転職も副業もいつでも考えているのでなにか持っている人がいたらお話してみたい。

hihihiroro.medium.com

hihihiroro.hatenablog.com

「アジャイル開発とスクラム 第2版」を読んだ

いただくことができたので読んでみた。

僕は第1版は出版されてからしばらく経ってから読んだ。内容についてはうろ覚えの状態で第2版を読んだ感想になる。

章立ては以下。

第1章 アジャイル開発とは何か?
第2章 なぜ、アジャイル開発なのか
第3章 スクラムとは何か?
第4章 アジャイル開発の活動(プラクティス)
第5章 アジャイルの進化とスケールフレームワーク
第6章 NTTコムウェアにおけるカルチャー変革の航路
第7章 アジャイル受託開発を成功させる ~ANAシステムズと英和システムマネジメントによる共創型開発に至る道のり
第8章 小さな成功から築き続けるIMAGICA Lab. のアジャイル文化
第9章 KDDI DIGITAL GATEにおけるスクラムチームファーストな働き方
第10章 竹内・野中のスクラム論文再考
第11章 スクラムと知識創造
第12章 スクラムと実践知リーダー
特別対談 野中郁次郎×平鍋健二

1章から5章までがアジャイル開発とは何か、スクラムとは何かを説明している第1部になっている。ここはアジャイル開発とスクラムがなぜ必要なのか、それぞれの内容についてある程度詳しく書かれている。第1版と違い5章では大規模アジャイル開発についての説明がされていた。小さいチームでの実績は十分すぎるほどでてきたから、その次に問題になるスケール事について書かれているのかなと思った。

また、6章から9章はアジャイル開発とスクラムを実践しているチームの事例が書かれている第2部になる。ここは実践している人たちが失敗談も成功体験も赤裸々に書かれているので読んでいてとても他人事に思えないことがいくつもあって面白い。ここも第1版の3例から4例に増えているし1版ではでてこなかったような会社の事例が出てきたなと思った。

10賞から12章はアジャイル開発とスクラムを考える第3部になっている。竹内先生、野中先生が書かれた論文の内容の復習から始まり、ナレッジマネジメントのモデルとスクラムの関連性についての説明がされている。そして求められるリーダー像を実践知リーダーとし説明されている。

アジャイル開発・スクラムの概要、プラクティスの紹介、日本企業の事例、野中先生からのメッセージとまずは概要の説明、事例紹介、詳しい内容と1冊にこれでもかとまとまっているなと思った。

まとめ

  • 読みやすいのでアジャイル開発やスクラムに興味を持った人に読んでもらうと良さそう
  • 他社での事例が刺さるので実践者の人は読んでみると面白いかと思う
  • 野中先生と平鍋さんや途中途中のコラムが面白い

知識創造企業(新装版)

知識創造企業(新装版)

202103 振り返り

在宅勤務も1年をすぎたからかやる気が一気に無くなった。
勉強会に参加したり本を読んだり、Discord で色んな人と話をするなどを行わなくなった。
動画を見る時間が増えたくらいで他にはよく寝ていた気がする。春だからか眠くなることが多くなったな。
住んでいる近くにクラフトビールが飲めるお店ができてとても嬉しい。美味しいので周1, 2で行ってしまっているのでちゃんとダイエットしなくては…

べんきょうかい

今月はやる気があまり起きなかったので参加を積極的に行わなかった。
ちょっと復活したのでちょうどTwitter に流れていた勉強会に参加したくらい。

ほん

やる気が起きなかったので技術書は少なめ。
小説をまとめて読んだので読書した冊数はあまり変わってないかな。
ページ数が同じでもやっぱり小説はよみやすいなという気分。

えいが

今月はなにはともあれエヴァンゲリオン
騙し絵の牙が見た中ではおすすめかなー。

202102 振り返り

2月は休みもとったし、休日も2日あったしで気がついたら終わっていた。
今月は休みをとった時に美味しいものを食ベれたし、本も思っていたよりも消化できた。
オンラインでの飲み会や人と話すことも減ってきたのでSpotifyで音楽聴きながら本を読む時間が増えた気がする。
仕事中はチームメンバと話をしているがそれ以外では話をすることがないので少しさみしい。だれか話しましょ。

www.instagram.com

ぽっどきゃすと

そういえばポッドキャストで話をしたのが公開されていた。聞いて興味持った人がいたらお仕事でも雑談でもお待ちしています。

note.com

note.com

べんきょうかい

仕事関連が半分、あとは話を聞いていて気になったものに参加した。
知らないことをたくさん勉強できるのでどれも参加すると面白い。オンラインだと仕事後すぐに参加できるので楽だが区切りが欲しくなってきた。

ほん

読みたくなる漫画はたくさんあるなと思う。家にある本を消化していきたいのに本屋に行ったり、人から勧められたりで漫画をたくさん買ってしまう。
家にあった小説も読み終わってしまったのであと残っているのは基本は技術書のみになってしまった。
最近はペースも上がってきたのでこのまま本を読む生活を送りたい。

えいが

映画を観る時間に人が多いのは嫌なので、朝早かったり一番最後の時間帯でしか見なくなってしまった。
それでもこれくらいの本数は見れているので良かった。どれもおもしろい。
ファーストラブは本も読んでみようかなと思った。

  • 哀愁しんでれら
  • ファーストラヴ
  • 名探偵コナン 緋色の不在証明
  • ダニエル
  • すばらしき世界

ぶろぐ

面白い本がたくさんあった。
読むと決めている本や仕事に関する本、懐かしの本などを読んだので書くことがいっぱいあった。

hihihiroro.hatenablog.com

hihihiroro.hatenablog.com

hihihiroro.hatenablog.com

hihihiroro.hatenablog.com

hihihiroro.hatenablog.com

hihihiroro.hatenablog.com