╭(・ㅂ・)و hilog

ダラダラと。本ブログは、個人の意見であり、所属会社とは関係がありません。

「オープンソースがよ〜くわかる本」を読んだ

図解入門ビジネス 最新オープンソースがよ~くわかる本

図解入門ビジネス 最新オープンソースがよ~くわかる本

最近隣の人たちが開発しているものをオープンソース化しようかという話を聞いた。
自分でもオープンソースを使ってプロダクトを開発しているし、できれば自分が関わっているオープンソースには何かできるだけの恩返しをしたいなと思った。そう考えたところで普段使っているけどライセンスとか詳しくは知らないなと思ったので調べるために読んでみた。

本書の内容は以下。

1章 人工知能もFinTechもビッグデータも、みんなオープンソースでできている!
2章 オープンソースを理解する
3章 オープンソース普及の歴史
4章 IT業界の動向とオープンソース
5章 SIビジネスは崩壊する?
6章 オープンソースビジネスとは
7章 オープンソースの問題点
8章 オープンソースビジネス、成功へのポイント
9章 今おすすめのオープンソース
オープンソースの説明から、オープンソースを使った商売の話も書いてあって面白かった。

その中でも特にライセンスについて今回は書いておく。

コピーレフト

コピーレフトを採用しているオープンソースと組み合わせて使う場合、オリジナルのソースコードオープンソースにする必要がある。
つまり、コピーレフトを採用しているオープンソースを改変した際には、修正または付加したコードに対しても元のオープンソースのライセンスを適用する必要がある。また、独自のソフトウェアに対して、部分的にオープンソースを組み込む場合でも、独自のソフトウェア全体に対して、元のオープンソースのライセンスを適用する必要がある。

  • GPL(GNU General Public License)
    ソースコードの公開を原則とし、誰でも自由に入手、使用、改変、再配布できる。
    また、GPLのプログラムを改変し、独自に開発したプログラムの一部として組み込んだ場合などには、これらのプログラムにもGPLを適用してソースコードを公開しなければならない。(コピーレフト)

  • LGPL(Lesser General Public License)
    GPLをベースとしているが、コピーレフトの特性を緩和している。
    例えば、独自に作成したプログラムからLGPLで公開されているオープンソースのライブラリを動的リンクで呼び出した場合、呼び出し元のプログラムにはLGPLを適用する必要がないとされている。
    同様にコピーレフトが緩和されているライセンスとして、MPL(Mozilla Public License)、CDDL(Common Development and Distribution License)などがある。

  • Apache License
    コピーレフトの特性が無く、Apache Licenseのオープンソースを改変したり、派生したりしたソフトウェアに対しても、独自のライセンスを適用することができる。
    同様にコピーレフトの特性が無いライセンスとして、BSD License(Berkeley Software Distribution License)、 MIT Licenseなどがある。

まとめ

ライセンスについてはなんとなくだけど分かった。
貢献するために次は行動してみようと思う。OSS Gate という取り組みがあるらしいのでまずは参加してみようかなと思っている。

OSSライセンスの教科書

OSSライセンスの教科書

oss-gate.github.io

「正しいものを正しくつくる」を読んだ

読んでみた。
本の下1/3は解説用に空いているため、思っていたよりは早く読み終えることができた。(分厚かったため読み終えるのに時間がかかると思っていた。

本書はプロダクト開発がなぜうまくいかないのかから出発して、筆者なりのうまく進めるためのプロダクト開発のやり方を紹介している。
本書の中では、プロダクト作りがうまくいかない理由として多様性の問題を挙げている。

  • プロダクト自体の多様性
    • SoR, SoEなど、開発するプロダクトに求められる多様性
    • プロダクトを作る技術の多様化
  • 作り手側の多様性
    • 開発チーム内の役割
    • 経験による多様性
    • 働き方による多様性

多様性によって不確実性が高まっているためプロダクト作りが難しいと説明がある。

その後、不確実性をなくすための手法やチームのあり方について説明をしてある。この本に限らず、最近は不確実性って単語をよく見るような気がする。

少しでも開発をしていて大変だと思ったり、困ったなと思っている人は気になった箇所だけでも良いから読むと良いのかな。

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

カイゼン・ジャーニー たった1人からはじめて、「越境」するチームをつくるまで

201906 振り返り

咳は出なくなったが、ずっと鼻がつまっている。最近話をしている人たちは聞き取りづらいだろうなと思い申し訳ないと思っている。
そろそろ耳鼻科に行ってみることなのかな。
職場でテストをやる機会があったのだが、自分のできなさ加減が悲しい。新しいことが身についているかと言われるとそうでも無いし、古いのは忘れていくし退化しまくっている気がする。
クビになってしまう前に、基本の勉強をして基礎の勉強もしていきたいなと思う。

べんきょうかい

1万円払って休日に参加してきた。
何個かの時間はセッションを聞かずにエレベータホールで本を読んでいたのだが、その時に色々な人に話しかけられ、そこで話をしたのが一番参加意義があったのではないかと思っている。
何か僕も発表できるようなことをしていかないとな。
今回は色々な人が発表していて参加してみて思ったが普段話す人はご飯だったり呑みだったりで話をするので、今後はあまり関わりの無い人の話を聞きに行くようにしようと思った。

ほん

カードの使い道見てて流石に本に使いすぎだなと思った。
家にいっぱい積んであるのに(文字通り縦に積んでいる)買った本を読んでいるだけである。
引っ越しを考えてもいるので、部屋の荷物を減らす意味でも知識を増やす意味でも読んでいかないといけないな。

えいが

半年で30本観ることができた。
ピカチュウが思ったよりも面白かった。映画館近くにあるのに、最近は仕事帰りに行けなくて悲しい。
さよならくちびるはSpotifyで家でよくアルバムを聴いている。

201905 振り返り

咳が止まらない。病気になった後の回復がものすごく遅くなってしまった。
仕事内容は変わってないのに、帰る時間がだいぶ遅くなってきている。
仕事している=長時間会社にいるみたいになってきてるから良くない。

とりあえず体調を良くしたい。

べんきょうかい

今まで自分がやってない内容の話を聞きに行ったのでたのしかった。
セキュリティとかテストとかの話をもっと聞きに行きたいと思うけど、そもそも使う技術について勉強しないと。

ほん

休日は寝ている時間が長くなってしまったので、消費する速度が遅くなった。
ほぼほぼ今月買った本を読んだけど、積ん読が増えなかったので一安心。

えいが

休日は寝ている時間が長くなってしまったので、消費する速度が遅くなった。
続きも是非やって欲しいところで終わった。

  • KINGDOM

「Docker実践ガイド 第2版」を読んだ

Docker実践ガイド 第2版 (impress top gear)

Docker実践ガイド 第2版 (impress top gear)

4年前に読んだ本の第2版が出てたので買って読んでみた。
1版と2版の目次は以下。

第1版 第2版
第1章 Dockerとは? 第1章 Dockerとは?
第2章 Docker導入前の準備 第2章 Docker導入前の準備
第3章 導入前の設計とインストール 第3章 Docker Community Edition
第4章 Dockerを使いこなす 第4章 Dockerfile
第5章 Dockerfile 第5章 ネットワーキング
第6章 資源管理 第6章 資源管理
第7章 ネットワーキング 第7章 管理ツール
第8章 コンテナ連携コンポーネント 第8章 CoreOSとRancherOS
第9章 管理・監視ツール 第9章 Docker Enterprise Edition
第10章 マルチホスト環境の構築 第10章 Kubernetesによるオーケストレーション
第11章 Atomic HostとCoreOS
第12章 クラスタ環境の構築

同じところもあるが、4年の間にDockerにもCEとEEが出たため、そこの違いが見える。
1版の頃はオーケストレーションツールが何個も載っていたが、2版ではKubernetesがメインになっているのも面白い。
章は減っているがページはだいぶ増えている。

Dockerの説明から始まり、Dockerの向き不向きについての説明、Dockerエンジンの説明、Dockerではまるネットワークの話などDockerの話がこれでもかと書かれている。
1章では、Dockerが本当に必要かどうか考えるように問いかけている。Dockerの導入に向いている、向いていないを考える必要があるといっている本は他に見てない気がする。

500ページ弱あり、Kubernetesなどの話は1/10ほどでほぼ全てDockerの話である。
Dockerの話をここまで濃く読めるのは他にないと思う。

まとめ

オーケストレーションツールなどを調べたり、使ったりしているけどDockerをそのまま運用したことない人などは読むと面白いと思う。
本文もとてもおもしろいのですが、途中途中にあるカラムが詳しい内容が多くて勉強になる。アプリよりもインフラ寄りの人が著者なのでDockerのインフラ部門に関する部分の話が面白く読めた。*1

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

みんなのDocker/Kubernetes

みんなのDocker/Kubernetes

  • 作者: 石澤基,五十嵐綾,大塚元央,須田一輝,稲津和磨,九岡佑介,坂部広大,青山真也,池添明宏,上岡真也
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2019/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

CentOS 7実践ガイド (impress top gear)

CentOS 7実践ガイド (impress top gear)

Mesos実践ガイド

Mesos実践ガイド

*1:特に面白かったのは5章のネットワークと6章の資源管理

201904 振り返り

平成最後の振り返り。
システムで和暦使ってないから仕事で大変ということはないけど、人生の大部分を過ごした年号が変わるというのは感慨深いものだと思う。

仕事でやることが見えてきたので、少しずつ口出ししていくぞ。

べんきょうかい

誕生日プレゼントでイベントのチケットを貰った。とても興味深かったし、楽しかったけど声が出ないという毎年の行事と被ってしまった。
時間もできてきたし、新しい分野に挑戦できる環境にもなったので、また勉強会に出ていろいろ学びたい。

ほん

休みの日にベットから出ないで小説をたくさん読んだ。
部屋に荷物が多くなってきてしまったので、掃除やミニマリストの本をちょっと読んでみることにした。
まずは、積読を減らすことが大事だなと思う。
オススメの漫画や小説を教えてくれる人求めてます。

えいが

月1で観に行くことなくなってしまったな。
アベンジャーズはもう1度観に行く気がする。とてもおもしろかった。
とりあえず、Amazon Primeに出てきた踊る大捜査線をGW中は観ようと思う。

ブログ

イベントの感想書くの忘れてたな。

hihihiroro.hatenablog.com

「自宅ではじめるDocker入門」を読んだ

自分が勉強したのは大分前なので、情報のアップデートを目的に読んでみた。

  1. Dockerのポイント
  2. Dockerを実際に動かそう
  3. Dockerの基本を学習する
  4. Dockerを活用する
  5. Dockerでいろいろなコンテナを作ってみよう
  6. Docker Composeを使ってみよう

内容はこのようになっている。
Dockerの説明から始まり、インストール方法、よく使うコマンドの説明と例題。
Dockerfileの説明後、アプリケーションの入ったコンテナの構築、composeの使い方までが書かれていた。

帯には環境構築からコンテナの運用までとあったが、運用の話はどれのことを指しているのかが分からなかった。
僕は、データボリュームとデータボリュームコンテナについてはあまり使ったことなかったので楽しく読めた。
自分の知識で忘れてたり更新っていうのはそこくらいだった気がする。

複数台のホストで動かしてという内容ではなかったので、Dockerって単語を聞いたことがあるけど触ったことないって人向けなのかなと思った。
これを入門としてオーケストレーションとかの本を読んでいけば良いのだろうな。

Docker、Kubernetesの本がたまりすぎているので読み進めなきゃ…

Docker実践ガイド 第2版 (impress top gear)

Docker実践ガイド 第2版 (impress top gear)

みんなのDocker/Kubernetes

みんなのDocker/Kubernetes

  • 作者: 石澤基,五十嵐綾,大塚元央,須田一輝,稲津和磨,九岡佑介,坂部広大,青山真也,池添明宏,上岡真也
  • 出版社/メーカー: 技術評論社
  • 発売日: 2019/04/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

Docker/Kubernetes 実践コンテナ開発入門

Kubernetes完全ガイド (impress top gear)

Kubernetes完全ガイド (impress top gear)

しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識

しくみがわかるKubernetes Azureで動かしながら学ぶコンセプトと実践知識

Kubernetes実践入門 プロダクションレディなコンテナ&アプリケーションの作り方 (Software Design plusシリーズ)

Kubernetes実践入門 プロダクションレディなコンテナ&アプリケーションの作り方 (Software Design plusシリーズ)